ミユキノヨル

夜、中島みゆきを聴く。

カテゴリ: ★ ・ ・ ・ ・

 「人生の答だけ教えてくれる映画たち   はじめから答だけ教えてくれるドラマたち   みんなみんな嘘ね みんなみんな嘘ね   私にだけなにも教えない」 曲調のクセ付けが強引な感じ。 そこに“味”ではなく“違和感”を感じてしまい、どうしても好きになれません。 ...

  終末的な空気が満ち溢れているので、あえて日常的に表現すると、 「言いたいことはわかるが、ちょっと極端だよ君。」 と上司から注意されそうな感じ。  ALBUM 『グッバイ ガール』 1988.11.16    ...

 「悲しみを忘れるために人は夜の旅をする」 内容に対しては特に言うことはありませんが、このタイトルを付けた 曲を出してほしくなかった。出すならばファーストシングルかラスト シングルにしてほしかった。と思います。  ALBUM 『10 WINGS』 1995.10.20  ...

  「そんなはずないと思うことばかり    目の前にあるドアからこぼれる」 「血のように朱い服」という言葉が、刺激が欲しいためだけに 入れられた一味唐辛子のように不自然。 ただそれだけ。  ALBUM 『回帰熱』 1989.11.15  ...

 「プラスマイナス幸せの在庫はいくつ   誰が泣いて暮らせば僕は笑うだろう」 節々から なんかキザな印象を受けてしまう曲で、 しっかり聴く意欲が湧きません。  ALBUM 『はじめまして』 1984.10.24  ...

   「ドアに爪で書いてゆくわ やさしくされて唯うれしかったと   あんた誰と賭けていたの あたしの心はいくらだったの」 同アルバムの『エレーン』とともに、中島みゆき=「暗い・重い」の 根拠とされることの多い曲。 タイトルそのままに負のオーラが止め処なく溢れ ...

  「なんて 不幸な あなた    そして 不幸な 私    裏切り続けるのは    言うほど 楽じゃない ことなのよ」 わかりそうで全くわからないシチュエーションで、 簡単そうなのに聴き終わって「?」。 深いのか軽いのかも判断に迷います。  ALBUM 『私 ...

雰囲気は、『真夜中の動物園』の妖しい感じを 引き抜いて膨張させたよう。 深読みすれば、色々と面白い曲だと思いますが、 わたしの人生経験ではまだ浅くしか掘れません。 10年後にまたじっくり聴いてみたいと思っています。  ALBUM 『心守歌』 2001.9.19  ...

 「思い出話はえこひいきなもの   いない者だけに味方する   いまさら本当も嘘もない   私のせいだと名乗るだけ」 かもめといっても、南仏の波止場を飛び交う爽やかなカモメではありません。 暗く重たい得体の知れないカモメです。 暗いのには慣れっこですが、わた ...

20年以上前の曲ですが、今のネット社会の繋がりを歌っているようにも 聴こえます。 『愛よりも』でも歌われていますが、“人恋しさ”が人間の感情の原点であることが、 8分弱もかけてオイルヒーターのようにじんわり響いてきます。  ALBUM 『歌でしか言えない』 1991. ...

 「いらない鳥を逃がしてあげた   逃がしてすぐに 野良猫喰べた   自由の歌が親切顔で   そういうふうに誰かを喰べる」 自制心、心のタガ、曲調、いろんなものがはずれちゃってる曲なので、 深入りすると病んでしまいそう。 傾いた部屋にいると、佇むだけで気持 ...

 「青の濃すぎるTVの中では   まことしやかに暑い国の戦争が語られる   僕は見知らぬ海の向こうの話よりも   この切れないステーキに腹を立てる」 アルバムとして聴くと、次曲への繋ぎだとわかるから良いのですが…。 この曲単体で聴くと、「何かのトラブルではな ...

  「くどい」という言葉を歌で表現すれば、こんな感じ。 辞書を引くよりわかりやすいです。 辞書を引くより大分時間がかかりますが。  ALBUM 『中島みゆき』 1988.3.16  ...

『化粧』 、 『とろ』 と並ぶ、非常に特徴的な歌い方がされている曲。 その2曲と同じく、素人がカラオケで再現するのは極めて不可能に 近いと思われます。 そういう意味では、中島みゆきの魅力満載。 また、聴いてみると、曲名どおり気分が急降下すること請け合いです。 ...

↑このページのトップヘ